「Mick Ronson Remembered 2017」@Zher the ZOO。

毎年恒例、ミックロンソン追悼ライブ
に、参加してきた。

<スポンサードリンク>

ミック・ロンソンとは

ミック・ロンソンという人は、イギリスのミュージシャンで
1993年の4月29日に亡くなった。まだ46歳。

デビット・ボウイの横でギターを弾いていたり
モット・ザ・フープルというバンドにいたり、
ソロでアルバムを出したり、
あのボブ・ディランのサポートギタリストをやったり。

めちゃめちゃ目立つ活動というよりかは
陰ながら偉大なアーティストを支えたというイメージ。

超絶ギターが上手い!ということでもない。(個人の感想)

だけど、ものすごく気になる、気になって仕方ないギターを弾く。(個人の感想)

ミック・ロンソン追悼イベント

記録より記憶に残るアーティストといったほうが良いかもしれない。
そんな彼の追悼イベント。
何年か前から継続してやっていて、

我らがイエローモンキーのヒーセさんも
何度か出演。

去年はイエローモンキーが動き出す直前だったから
このイベントには出なかった。

だから2年ぶりに戻ってきた!

主催はオカヒロさん(ギター)、
キーボードはDIEちゃん!
ベースはマティさん、
女性コーラスは浜田マロンさんとミサキさん。
ドラムは今やコレクターズの正式メンバーとなったコーヂ君。
良いメンツ揃ってます!

第一部

イベントの第一部は
オカヒロさんがギターボーカルやったり
ゲストのナオキさんやRYUJIさんが歌った。

一部からすでに楽しかったのだけど
二部からはいよいよあの方が・・・!

ちなみにこの休憩はさむスタイル、
とっても助かる。

ただ1人だと場所動けないのがねー。
トイレやドリンク取りに行けないけども。

整理番号が決して良かったわけじゃないけど
ちょうどヒーセ前くらいで、
しかもちょっと余裕のある場所を確保できたから
とりあえずその場でワクワクで待つ。

第二部

第二部、さっそくのヒーセ登場~~~

衣装が、ひっさしぶりのジャンプスーツ!
アガル!!

イエローモンキーのヒーセとは
やはり違うの。

イエローモンキーもめちゃくちゃカッコイイけど
単独でのヒーセもホントにかっこいいし
ちょっと自由度が高いかな?!

何より近い・・・
でも、なんだろう。
イエローモンキーは豆粒で当たり前。
ソロは近くて当たり前。

だから、なんかすごく自然に見れてしまった。

とはいえ・・・近いよねー!

ユニオンジャックの大きなストール広げて登場して
それをマイクスタンドに巻きつけたいんだけど
うまく結び付けられなくて。

あと、ワイヤレスがトラブったり
髪型直したりw

いちいち曲の間に、時間をとるヒーセ。

でも全部、目の前で見れるからさ、
それも楽しい。
こういうのがね、ライブハウスの醍醐味だよ。

コーラスするときにちょっと上を見ながらの表情が好きー。
カラコンのおめめもバッチリ見えるし
メイクも、モンキーとは少し違うよね。

体にビンビン響く獣低音、
アリーナクラスでどんなに良い音出してくれても
この感じはライブハウスじゃないと感じられないと思う。
ご本人が予告してたとおりの極上サウンドだった。

今回ほとんど指弾きだったんだよね。
めちゃ見とれてしまった。

あと、
外国のぬいぐるみ?のマネ?よくわかんないけど。
セサミストリートみたいな?
高い声でボソボソっと・・・・
わからん!!!笑
そんな姿が見れるのもイイ。

ギャラやお金の話になって
ヒーセはこーぢくんに「武道館アーティストですから」って振ったのに
オカヒロさんから「東京ドームアーティストだろ」て言われちゃってたな。
ちょっと気恥ずかしそうだったかしら。

だーいすきな「Hang On To Yourself」はじめ、
好きなやつは全部聴けたから大満足!!!
「Moonage Daydream」最高。
「Roll Away The Stone」も好き!

あっ、「STARMAN」もやるとは思わなくて、嬉しかった!
むかーしコピーしたことあるんだ

ボーカルはモーサムトーンベンダーのももさんで
周りがメイクしてるのに1人でノーメイクで
「自分はフェイスが良いので」と言ってたの、おもろかったわ。

ももさんも言ってたけど
こんな最強メンツで弾いてくれるなんてね。
あー最高の夜。

アンコール

アンコールは
ヒーセもちろん衣装チェンジよ。
これぞヒーセ!なハットに、黒赤コンビのテカテカ・エナメルパンツ!
スタイルの良さが映えるよー。

このイベント、だいたいセトリのパターン決まってるのだけど
アンコールはやっぱりお約束の
「White Light,White Heat」と「All The Young Dudes」の大合唱。

あと本編で「Suffragette City」やらなかったから
やらないわけない!アンコールだよね?と
信じていたら、その通りだった。ほっ~~。

そしてそして、
まさかのヒーセのお誕生日ケーキ登場。
バースデーは10日前だったから、全然考えてなかった。

ご本人は、サプライズ慣れしちゃってて
ちょっと期待してたっぽいよ!あはは。

だけど、今年もハッピーバースデーヒーセを歌えたのが嬉しい♪

あっという間もあっという間。
これぞあっという間ってくらい、短く感じた。

AfterLIVE

私がこんなキャッキャッするの久しぶりだよ?

サクッと帰るつもりでいたんだけど
余韻から抜け出せず、お酒飲みながらニヤニヤして
ウロウロしてたら(挙動不審すぎる・・)
友達が一緒に飲みに行ってくれた・・・
感謝感謝!
ヒーセ愛を語り合えて楽しかった。

ミック・ロンソンのイベント、
とてもハッピーで愛に溢れた空間でございました☆

イエローモンキーのHEESEYもカッコイイけど
こういうヒーセもやっぱりステキすぎる!!

この日をすごくすごく楽しみにしてたので
終わっちゃってサミシイけど~
またこういう機会があるといいな。。。

SETLIST

セトリ、貼らせていただきます!
☆1部(Bass:MATTY)
1 This Is For You /MICK RONSON
2 Only After Dark /MICK RONSON
3 Angel No.9 /MICK RONSON
4 Birry Porter /MICK RONSON
5 See Emily Play /PINK FLOYD
6 Like A Rolling Stone /BOB DYLAN
7 Space Oddity /DAVID BOWIE
8 Five Years /DAVID BOWIE
9 Time /DAVID BOWIE
10 Heroes /DAVID BOWIE

1~3 Vo:OKAHIRO
4~7 Vo:NAOKI SHIMADA
8~10 Vo:RYUJI

☆2部(Bass:HEESEY)
1 Watch That Man /DAVID BOWIE
2 Moonage Daydream /DAVID BOWIE
3 All The Way From Memphis /MOTT THE HOOPLE
4 Roll Away The Stone /MOTT THE HOOPLE
5 Saturday Gigs /MOTT THE HOOPLE
6 Hang On To Yourself /DAVID BOWIE
7 Ziggy Stardust /DAVID BOWIE
8 Starman /DAVID BOWIE
9 Rock’n Roll Suicide /DAVID BOWIE

1~5 Vo:百々和宏
6~9 Vo:RYUJI

☆アンコール(Bass:HEESEY)
1 White Light,White Heat /LOU REED
(Vo:RYUJI、百々和宏)
2 Suffragette City /DAVID BOWIE
(Vo:NAOKI SHIMADA)
3 All The Young Dudes /MOTT THE HOOPLE
(Vo:RYUJI、百々和宏、NAOKI SHIMADA)

<スポンサードリンク>