会社勤めの時(健保組合)
毎年おこなっていた、乳がんと子宮頸がんの検査。

国保になったら、2年に1回になった。

いろんな悲しいニュースがある中で
やっぱり面倒だけど
受けておこうと思う。

それにしても
早く検査が進歩してほしい。

尿1滴から線虫?とやらで
あらゆるがんの検査が出来るというやつ。
早く運用されてほしいな。

<スポンサードリンク>

健診センター

今回初めて行く、
地域の施設での検診。

最近はどこいってもキレイだよね。
以前行ってたところも
だいぶキレイで、どんどん増設されていった。

今回もキレイなところ。
人が少ないと思ったけど
検査着に着替えて
別のフロアへ行くと
人がわーーーーっといた。

男女はきっちり分かれているので
女子がいっっぱい。

普通の健診の人たちかな。

私を含め、他数人は違う検査着を着てる。
これがきっと婦人科系のやつなんだろう。

子宮頸がん

まずは子宮頸がん。

下半身をがーーっと開脚される
あの特殊な椅子マシン!

カーテンで顔が見えないようになってても
かなり微妙である。

女医さんだったけど
助手さん?が色々教えている。。。
やや不安。

・・・

痛いよね…

痛いわ!!

男性の先生のほうが優しい
なんてウワサもあったけど、どうでしょう。

以前、男性のときがあったけど、
そう言われるとそんな気も?

その時は、その後乳がんの触診もあって
結局顔を見られるという。
複雑な心情であった…

は~。痛いなー。
あー。。。

終了。

乳がん

続いてマンモグラフィでの検査。
これも痛いのよね。

こちらも女性の技師さん。
親切だった。

うっかりピアスを付けてたので
はずすように言われ、
上半身を脱ぐ。

巨乳さんはらくらく
マシンに挟み込めるのだろうけど
ナイと、しんどい!

スタッフの方も、触るのイヤだろうなあ。

ぐいっと掴まれ、
引っ張られ

もはやチチというより、
骨が挟まれてる感じ。

おかしな体勢になるのも、しんどい。

2パターン目のカッコがまた、つらい。
マシンがナナメになって、
また挟む。

むうう。

どうにか終了。

今までの結果はどうでしたか?と聞かれ
毎回引っかかりますと言ったら
ちょっと戸惑われたが
再検査で問題なかったら、良いっぽい。

今回はどうだろうなー。

30分で終了

待たされたりして1時間以上かかるんだろうかと
予測していたのだが
30分ちょっとで終わってしまった。

まあ、2つだけだしな。

本当は普通の健康診断も受けたかったのだけど
こちらはまだ時期ではないようで。

とりあえず
平日に余裕のある今のうちに
乳がん子宮頸がんは検査しておきたかったので
今回受けた次第。

結果が出るまで数週間。

当たり前のことを言うけど。。
何もないと、いいな。

<スポンサードリンク>