一応まとめておこう。

前回はコチラ
確定申告<個人事業主と副業3つ

ちなみに昨年の様子。
確定申告<混乱編>
確定申告<赤字だけどとりあえず完成>
確定申告<提出だけなら2分だぞ!>
還付金キタ

<スポンサードリンク>

医療費控除

今年も念のため作成。

今回から、領収書の添付が不要となったかわりに
明細書が必要。
こちら国税庁HPでダウンロードできる(エクセル)。

念のため入力して用意してみたが、今回は適用されず?
0円だった。
せっかく入力したからそのまま送ることに。

寄付金控除

某NPO法人への寄付、実は昨年途中でやめさせていただいた。
数か月分だけ発生したので、それを入力。

副業(バイト)の給与

個人事業主であろうと、他での給与が発生してたら記載すること。

昨年も書いたけど
★本業の収入は、帳簿をつけて「決算書」に反映
★副業の給与は、「確定申告書」の「給与」に記載。

給与欄はHPでクリックすれば明細を入れられるようになっている。
私は去年3か所から給与をもらったので、すべて入力。
複数あっても大丈夫。
ただし、年末調整してもらった源泉を最初に入力!

画面にご丁寧に、源泉徴収票のどの箇所の数字を入れるのか記載してくれてるので
非常にやりやすい。間違えることは少ないかと。

★私の場合(3か所)
1.長期の派遣:派遣会社にて年末調整をしてもらった
 その後送られてきた源泉徴収票を参考に入力。
2.単発の派遣:乙欄扱いだった。↑の源泉と違う点は源泉徴収金額が入ってる点。
3.バイト:乙欄。2番目と同じ。

家事按分

私の場合は、電気代、通信費、家賃。

これまで書いたように、去年は派遣などで外で働くことが多く
個人で自宅作業をおこなったのは数か月のみだったので、
その分だけを記載。

昨年の割合設定が会計ソフトに残ってたので、入力するだけ。
去年の入力方法を見ながら・・・(これが時間かかったけども)

家賃

去年と同様。
そして電気代、通信費と同様、数か月分のみ。

出力

会計ソフトから決算書と確定申告書を出力する。

去年は
その画面を見ながら、国税庁のHPで数字を入力し直した。。。
とあるが、
今年もそのとおり。
というか、すっかり忘れてソフトから出力したものを
提出しようとしたが、途中で意味不明になる。

やっぱり国税庁のほうがわかりやすい気が。

ちなみに昨年は損失の書類があったが今年は特にメッセージも出ず。
正直よくわからないが、出ないからいいんだろう。

今回は印刷は職場で。

データは2種類。
・決算書 8枚(提出4枚控え4枚)
・確定申告書7枚(昨年11枚だから減った)

コピーするもの
・マイナンバーカードの表と裏
・副業の源泉徴収票

最終仕上げ

ご丁寧に「チェックシート」もPDFデータの中に入っているので
それを見ながら確認。

忘れずに
・マイナンバーのコピーや源泉は貼り付ける。
・ハンコ押す

今回は就業中なので、郵送で提出。

まとめ

去年よりは楽だった気がしつつも1年ぶりの作業だから忘れていた。

家事按分あたりで昨年のを見返したりで時間かかる。

決算書の見方もよくわからんし。

どの数字をどこに入力?とかで悩む。

一方、所得税(確定申告)は楽。

源泉徴収票が複数あろうと。国税庁HPがわかりやすいので助かる。

ひとまず終了。今年もお疲れっした!

<スポンサードリンク>