久しぶりの大岡山ピークワンでのライブ&打ち上げは
とても楽しかっったです。
ありがとうございました。

プッチモンのセトリ
というか、私の個人的なプレイ解説です。

かっこ内は参考音源。

天道虫(2018メカラウロコ)

Aメロなし曲その1 というか
keyはサビ後半の8小節しかない。
サビ後の特殊な音色を作るのに大変苦労した。知識がないゆえ。。。

I CAN BE SHIT A MAMA(2018メカラウロコ)

Aメロなし曲その2.
ハモンド風に作った音色をいじってVOXオルガンぽいのをめざしたが
もう少しやわらかくしたかった。

DEAR FEELING(アルバム「8」音源)

Aメロなし曲その3
直近のこの曲はストリングスアレンジを変えてしまってたので
元のほうが耳なじみがあると思い、音源のまま。

当時のライブは同期で流してたし、機械的に弾く感じで。

仮面劇(2018メカラウロコ)

基本三国ライブバージョン引き継ぎつつも、最新のも取り入れ。
といいつつ正直ピアノは苦手だ。自分が聴こえる限りの音を。。

SPARK(三国さん)

基本三国さんのままでありつつ、サビや間奏は鶴谷テイストも少々。
三国さんの音の方が好きなので、音は三国さんで。

Chelsea Girl(三国さん)

Aメロなし曲その4.
これもスパーク同様。
今の鍵盤の入れ方(音含む)はあまり好きじゃないので、三国さんで。
Aメロ弾かないのだけ鶴谷バージョンw
本番ではコード吹っ飛んだ。すまん。

THIS IS FOR YOU(2018メカラウロコ)

昨年末、本物のストリングスが入らないバージョンをやっと聴けた。
バンド5人だけでのこの曲を聴きたかったし、弾きたかった。

もともとkeyは入ってない曲なので、鶴ちゃんも基本三国さん継承(たぶん)。
Bメロや間奏 今までストリングスのライブバージョンを弾いてた私は
今回E・Pianoでコード弾きだったので、覚えられず苦労…

LOVE LOVE SHOW(三国さん)

Aメロなし曲その5
これも今のバージョンがよく分からず&しっくりこなくて、
個人的に途方に暮れるやつ。
間奏の、ミファソラシドレミ~の音だけ、鶴ちゃん風。

ちなみにラブショもスパークChelseaも、本家(自分が客)で聴くのは大大大好きです。

悲しきASIAN BOY(2018メカラウロコ)

新録の音源が出た以降のライブは、
サビのストリングスのフレーズが変わってしまった…

今後もそうなると思うと、意を決して私も変更。
長年、体にしみついたあのフレーズを変えるのは相当大変だった。

一か所どうしても混乱するので、カンペ貼りましたw
そのくらい覚えられない。

そして弾いても弾いても違和感しかなくて、弾くたび笑いそうになった。
それほどのことでした。

その他

初めて立ち位置をドラムの横…本家と同じ仕様にしました。
ずっとこの位置でやりたかった。
めちゃめちゃやりやすいです。
今までベーアンの横でベースの音ばかり浴びてたので、全体が聴こえる。

しかしなかなかこのセッティングにしてくれるハコはないのでは?
ピークワンはその点も良いし、
今回は他の2バンドさんもそのようにするというので、乗っかりました。

後ろすぎるとか見えないとかさんざん言われましたが、
本家だってそうじゃんか。私はこの位置がいいな…

セトリ改めて。
1.天道虫
2.I CAN BE SHIT A MAMA
3.DEAR FEELING
4.仮面劇
5.SPARK
6.Chelsea Girl
7.THIS IS FOR YOU
8.LOVE LOVE SHOW
9.悲しきASIAN BOY

対バンさん

柴っちさん、スピッツってことで
楽屋で聴いてて本物かと…ってくらいお上手で
ボーカルさんの声も、ふとした時にマサムネくんになる。
今後注目のコピバンさんかも…
ゆっくり見たかったなあ。

ぬるコーンさんさすがすぎる。
本家通りにやるためには、
全員歌えることと
キーボードが他の楽器も弾けないといけない。

今回も見事にやってくれました。

特に「OH!MYRAD10」のハモりなんか、アベの声は相当高いのに
よく出たなあと感心。

なにげに偶然、今のツアーのセトリともかぶり気味なこともあって
とっても楽しかった…!

働く男は民生さんが12弦ギターなので、
それもやってほしかったな~と言ったら鬼扱いされたw

クオリティ高い2バンドと一緒に出来て、光栄!

お客様も3バンド全部見てくれた人が多くて嬉しかったな。

ありがとございました(^^)

<スポンサードリンク>