記録用。ご参考まで。

<スポンサードリンク>

5日目(火曜日)

朝:鮭おかゆ(イオン=ミニストップで購入)
昼:うどん(かきたま)
夜:鍋?(豆腐・油揚げ・野菜炒め用パックをぶっこんで)

朝昼は消化に時間がかかったが、夜は好調。
野菜パックは、鍋物用野菜(白菜中心)と迷って
炒め物用にした。消化に良いキャベツが入っているので。
鍋にしたこともあり、胃に優しい食感。

そして、この時期は手放せない花粉のくすり
とても飲む勇気がなかったのだが、この日から復活。

6日目(水曜日)

朝:パン(病後初のパン。よく噛んだ)
昼:鍋の残り+うどん
夜:ささみシソ巻き、鮭おにぎり(コンビニ)+温奴

パンが平気だったのが嬉しい。
夜はそろそろ肉を食べたくて、一番消化にいいササミ。
料理が面倒なのでコンビニでササミを探して、シソ巻きパック購入。

朝昼を食べてしばらくたった後に、
しゃっくりがわりと長く続いて、とてもツラかった。
調べたところ腸が悪いと出るらしい。。。
しかし、夜は出なかった。

7日目(木曜日)

朝:パン、しょうがココア(病後初)
昼:雑炊、お吸い物
おやつ:紅茶
夜:ブタ肉とタマゴの炒め物、はんぺん(焼)、ミニトマト、しじみの味噌汁

朝夜に飲んでいた、しょうがココア復活。
ココアは消化に良いものではないのでビビったが、大丈夫そう。

さらに同じく評判の悪い紅茶だが、これもOK。
お菓子は、お腹に良さげな「ビスコ」を。
夕方の小腹減りタイムに「一本満足」を半分食べたら
胃が痛んできた。。。
調子こきすぎた。シリアル系はまだ早かったようだ。

そんな中で、夜は豚肉の炒め物。我ながらチャレンジャー。
アブラが心配だったが、特に問題なし。
それと、ヨレヨレ時に買ったはんぺんの処理。
トマトは皮をよく噛んで。

ちなみに汁物(お吸い物、味噌汁)は全てインスタント。

・・・とりあえず、かなり手抜きのザツなゴハンに見えるが
一応気を遣って少なめ設定にしてるのでこんな感じ。(言い訳)

その他の変化

早いもので、生ガキくんを食べてからちょうど1週間。
先週の今ごろは何も知らずに美味しくいただいてたなあ。

あの一口の食べ物で、こんなことになるなんて思いもよらなかった。

寝込んでいた3日間はとても長かった。
そのせいか3月がとても長く感じる。
まだ3月なんだ。みたいな。
(2月が短いせいもあるが)

前にも書いたけど、
いろいろ見直すきっかけになった。

とりあえず
冷蔵庫の中身が消化に悪いものばかりだったので
食材の選び方を考え直し中。

それと
おかげさまで、内臓脂肪が0.5減った。
初めて見る数字で、内心ホクホク。

体力が落ちてしまったのはよろしくないので
ウォーキングを多めに。
疲れてくると胸?胃の上部?が、ぜえぜえ痛くなる。
(いい表現が浮かばない)
あまり感じたことのない事で、ちょっと気になる。

また何かあったら続編を書くけど
一旦ここで終了。

もう二度と食あたりはゴメンだ。

☆こちらの記事もどうぞ
まさかの食あたり?胃腸炎の一部始終
1人暮らしで食中毒になったら

<スポンサードリンク>